ヒメカノのストーリーが深すぎてハマってしまった

ヒメカノ

画像タップで大きいサンプルへ

同人コミック:ヒメカノ

ヒメカノが何やら思いっきり話題作になっていたので買ってみました。

単純にエロい漫画だろうな、とか思って馬鹿にしてましたが、予想を良い意味で裏切ってくれたのです。

とりあえず、ヒメカノはストーリーが思っていた以上に深すぎて読ませる作品という感じでした。

はい、あっさりとハマってしまったわけですね。

購入前からサンプルを見てわかっていましたが、絵は三次元に近い二次元です。

もう最初からアニメにしても良いだろってくらいの完成度ですね。

とは言ってもヒメカノは、二次元好きでも余裕でイケる作風なのです。

何故なら、フィギュアぽいキャラだからです。

そう、アニメキャラのフィギュアにハァハァ出来る紳士なら楽勝ってわけですよ。

ヒメカノのヒロイン達

本編は白抜き部分は無しです

では、深すぎて思わずハマってしまったストーリーを見ていきましょうか。

ぽつんとヒロインらしきキャラが座り込んでいる表紙絵のヒメカノは、深刻ぽい場面から始まります。

生脚丸出しの可愛い女の子怜奈と、その兄でありイケメンの洋介が四郎という男について語り合っています。

どう見てもエロい漫画の冒頭部分には思えないから、逆に食いついてしまいましたよ。

どうやらヒメカノの主人公と思われる四郎は、1週間ほど引きこもっていて、親友の洋介が心配しているという話みたいです。

こんなイケメンと美女に心配されるとか、こいつ一体どんなヤツなんだ?と思ってしまいました。

引きこもり野郎を何とかしようと、この兄妹が四郎の所へ行くわけですね。

で、何故か怜奈だけが部屋へ入る危険な展開になります。

そして登場した、とんでもなく不細工な男が四郎でした。

ヒメカノの主人公は、スゴ過ぎるレベルのブサメンで、初っ端のインパクトは充分です。

そんな時に、ドサクサで怜奈を押し倒した四郎が、勢いでおっぱいを凝視するイミフな流れとなりました。

日和で童貞を捨てる四郎

ほぼ三次元みたいな作風

でも彼女は、それを兄の洋介に知られたくないみたいで、何やら慌てています。

ある意味、これがヒメカノのテーマ的なものだと、後で知る事となりました。

四郎は、親友の妹に以前から惚れているという設定で、これだけでもややこしいストーリーになりそうです。

そんなこんなで訳がわからないかもしれませんが、彼女が四郎のオナニーを手伝う事となります。

おさわり無しで、要するにオカズになるというだけですね。

でも、終始、彼女は身体を見せた事を洋介には内緒だと言い続けています。

きっと、これが何かのフラグだとわかるのですが、読者的には気になりまくりですね。

既に、これだけでヒメカノが深いストーリーだと理解出来てしまいます。

惚れた女がオカズになってくれるとか、もう押し倒しちゃっても良いよね?と言ってるようなもの。

四郎は理性がぶっ飛んで怜奈を押し倒すと、一気にパンツを脱がせちゃいます。

でも、見ただけで、何も出来ずに即射精・・・。

ギャル系キャラ日和

今にも動き出しそうな絵に注目

思いっきり最愛の相手に嫌われただけで、大チャンスタイムは終わってしまいました。

というか、さらに連発でナマ本番に行かないとか、ダメ男過ぎですね。

あっ、ちなみに女の子の陰毛描写はないけど、異様なリアルさがあって性的な破壊力は抜群でした。

ますますヒメカノが、二次元キャラのフィギュア好きにはもってこいの漫画だと思いましたよ。

で、ただのぶっかけだけで終了してしまったショックで、四郎は街を徘徊。

そこで彼は、男に絡まれている金髪ギャルと遭遇します。

ブサメンで情けないヤツでも四郎は、何故か喧嘩だけは強いので、まさかの瞬殺で勝利。

ついでにそこにいたギャル日和も濡れちゃったらしく、速攻で四郎に惚れてしまいます。

半分逆ナンみたいな流れで女の子の部屋に来た四郎は、何か誘惑されまくります。

しかし、二十歳なのにおじさん呼ばわりされる四郎、面白すぎです。

何やらギャグみたいな展開で、日和とエッチする事になります。

怜奈にぶっかける四郎

ぶっかけシーンが生々しいぞ

このエロさとストーリー性のバランスがヒメカノのスゴい所ですね。

だからといって、エッチシーンが手抜きじゃないのが、マジでヤバいと思います。

そして、怜奈の時と同じ過ちを犯す四郎でしたが、日和の予想外の反応に驚きました。

結局、童貞を捨てる事になる彼は、初体験が濃厚すぎるプレイとなります。

いや、もう、ここを切り取って売るだけでもエロ漫画になりそうなくらいの出来映えでしたよ。

ううむ、ヒメカノって、本当に贅沢な作品ですね。

超絶に長いエッチシーンを楽しんだら、今度はストーリーを堪能するとか、飽きずに読ませる工夫が大量でした。

・・・って、まあ、エッチ分の方が圧倒的に多い事を、この直後に知りましたけどね。

怜奈と洋介との細かい事情とか割とどうでもよくなるくらい、日和との絡みがあって熱かったです。

それにしても、四郎って絶倫野郎ですね。

一体、1日で何発出しているんでしょうか。

でも、これだけ色んなシチュエーションでヤレたら、即フル回復しちゃいますよ。

なんて思っていたら、絶妙なタイミングで「つづく」と来ましたよ。

週刊少年漫画もびっくりな引き方で、即刻ヒメカノ2に手を出したのは言うまでもありません。

配信情報やレビューはここから

絵に触れてください

ヒメカノSP&PC版

ヒメカノ2は四郎の大暴走が熱かった

ヒメカノ2を早速読んでしまったのですが、とにかく前作以上に四郎の大暴走が凄く熱かったです。

いきなり、あらすじとか言いつつ、意味がわからない四郎の戯言が書かれていてフキました。

初っ端から文字だけで笑わせるとか、四郎のキャラは相変わらず濃いですね。

その次のページにある登場人物紹介で、さらにイイ顔していてヒメカノ2は、お笑い路線かと勘違いしてしまいそうでした。

しかも、本編に入ったら、この男が胸毛全開で素っ裸で登場して、その前で頭を垂れる洋介という謎の状況が出てきます。

まさか、イケメンとキモ男のイケない話が始まるのか?とも思ってしまいそうですよ。

このように変化球だらけでヒメカノ2は始まったのです。

ただ、四郎の大暴走は、ただ脱ぐだけみたいな軽いものではありませんでした。

こんな怖い状況で、何と四郎は怜奈の胸を見てしまった事を超簡単に話してしまいます。

すると、洋介は怜奈を強引に呼び出し、突如、妹と結婚を前提に付き合ってくれとか言い出す始末。

DMMコミック同人ヒメカノ2

2大ヒロインとよりHな関係に?!

好きな相手と一緒になれるチャンスが来て、普通なら四郎は大喜びになるはずです。

でも、前作で凄い勢いで無理矢理ぶっかけてしまっているだけに、一筋縄ではいきません。

また事情が、この兄妹の家は、代々女が乳房を男に見られたら、その相手と子作りしなければならないというしきたりがあるからだけに、余計ややこしいのです。

訳だけ話し、勝手に気を利かせて怜奈と四郎を残して立ち去る洋介。

そこで怜奈に挑発されるも、普通に誤るキモ男が、意外と良い奴なのかもしれないと思ってしまいました。

でも、目の前に好きな女がいて、しかもしきたりの件を断るなら、身体を好きにしても良いとか言われちゃいます。

こうなったら、良い話でヤバい方向に進むのは当たり前。

またもや怜奈に進撃を開始するキモメンは、デカくて綺麗なおっぱいを弄り倒すわけですね。

しかし、濡れるどころか、彼女は全然感じていない様子。

それならと、怜奈のパンツを脱がせて凝視すると思わずイキそうになり、同じ過ちを繰り返しそうになる四郎。

日和と怜奈にかけまくる四郎

半端ないぶっかけプレイ

何とかアソコから目をそらし、挿入だけを試みますが、結局は速攻で果ててしまいました。

何だかんだで前作のヒメカノと同じ、身体にぶっかけパターンですね。

連続の失態で悲しくなった四郎は、日和に全部話してしまいます。

彼の事が好きな女に堂々と他の女の話をするとか、コイツかなりの強者ですね。

それでも彼の早漏を何とかしようと、特訓を持ちかけるとか、この娘はっきり言ってとても良い子です。

日和は四郎のモノを手コキからフェラへのコンボで鍛えようとします。

でも、速攻で我慢出来なくなる、超情けない男は目の前のギャルの顔に顔射を決め込みました。

それでも怒ったりせずに彼の欲望を受け止めようとする日和は、ギャルの殻を被った天使かもしれません。

ここでは彼女の股間を見ても発射しそうにないので調子こく四郎でしたが、くぱぁってされると即アウトでした。

いきなり白濁液の雨が降ってきて驚く日和の顔が面白かったです。

ヒメカノ2は、四郎が暴走しながら、早漏対策をエロくて面白い流れでする所が大きな特徴だと思います。

日和と特訓する四郎

日和とチントレ開始

この男、ただ早いだけじゃなく、実は何発出してもすぐに復活するという事がわかりました。

早くても絶倫という事は、要するに数で勝負すれば良い・・・わけではなく、彼は先に数発抜いておく作戦に出ました。

そして怜奈へのリベンジかと思ったら、割と真面目にしきたりの事を断ろうとする四郎にビックリです。

しかし、怜奈が四郎の顔を見てフクという事態が発生して、話が大きく変わります。

うん、これなら四郎が大暴走しても変じゃありませんね。

ちょっと意地悪な言葉を投げかけつつ怜奈の胸を舐めまくると、何と過敏な反応をするではないですか。

彼女は、どうやらただ身体を弄くられるだけでなく、言葉で責めた方が良いみたいです。

怜奈は微妙にMっ気があるようで、こんなキモいヤツのセリフだけで気持ち良くなっちゃった模様。

散々、悪態をつかれながら手マンされた彼女は、思いきり絶頂を迎えました。

こんな事もあろうかと四郎は3発こっそりと抜いてきていたので、本番対策も万全。

遂に怜奈との本番に成功した男は、仕事をしている日和に報告ついでの1発を放ちに行きました。

怜奈にリベンジ

怜奈に弱点発覚?

で、またもやくぱぁであっさりイカされる四郎は、店の客が来ている状態で日和をハメ回します。

店のカウンター内で中に出しまくりとか、いつ見られるかわからない感覚が最高ですね。

このような細かいシチュエーションの数が多いのもヒメカノ2の良い所です。

経験値を積み重ねた四郎は、怜奈を本格的に攻略する流れとなります。

落ち着いて話していた彼は、またもや彼女の暴言により即キレ。

暴力的な言葉で感じさせ従わせる怜奈専用の攻撃を繰り出し、すぐにイカせる事に成功。

キモ男の命令を素直に聞いてしまう娘は、少しずつ駄目な方向へ落ちていきます。

強引な命令とは言え、既におねだりまでするようになった怜奈は、四郎の玩具状態。

こんな酷いヤツでも日和にも惚れられていて、もう好きなだけヤレるモードとなっていますね。

その上、看護婦さんプレイを怜奈にさせてしまうくらいにレベルアップするとか、もう彼を止める事は出来ないみたいです。

でも、そんなトランス状態に堕ちている怜奈が、意外な言葉を発して・・・

なんて所で終わってしまい、もうヒメカノ3を読むしか選択肢がなくなりました。

ヒメカノ2のHシーンはここです

ギャルとヤル画像にタッチ

【DMMコミック】同人:ヒメカノ2 SP/PC-SEO

ヒメカノの次は初エッチを巡るストーリーに萌えろ

ヒメカノには一応妹キャラが出てきますが、次は恋人とガッチガチの妹キャラとの初エッチを巡る楽しいストーリーに萌えるのも一興です。

そんな初エッチの相手は…妹!?は、耕太という二十歳を超えるまで童貞を守り抜いた大学生が、美女なのに処女という不思議なお相手と付き合っている所から物語は開幕します。

ヒメカノだと主人公は不細工な奴ですが、こっちは童貞の割に見た目はそれなりなので、どうしてこれまで恋人が出来なかったのか謎でした。

まあ、そんな事はすぐに大体解決しちゃいますけどね。

実は彼には薫というお兄ちゃん大好きという信念を隠しているツンデレ妹がいました。

多分、この子がひたすら兄の恋路を邪魔しまくっていたのだろうと考えられます。

何故かと言うと、この作品の出だしで恋人である凪との初エッチを止めたのも薫だったからですね。

これに関しては偶然だと思われますが、薫の兄大好きオーラが届いたという気がします。

ぶっちゃけ、妹キャラが好きな人なら、もうJDな凪とかどうでも良くなるかもしれません。

そのくらい薫という妹キャラは、色々な方向に魅力があるわけですよ。

でも、彼等はどこでどうやって初エッチを決めるのか?という部分が、かなり気になり、どんどん読んでしまいました。

初エッチの相手は…妹!?

ヒメカノDMMコミック版